Wi-Fiの暗号化技術「WPA2」における複数の脆弱性について

18 10月

Wi-Fi(無線LAN)の暗号で、セキュリティーが強固とされてきた方式「WPA2(Wi-Fi Protected Access II)」に暗号鍵を特定される等の複数の深刻な脆弱性が10月16日(米国時間)に、見つかりました。

本脆弱性が悪用された場合、無線LANの通信範囲に存在する第三者により、WPA2 通信の盗聴が行われる可能性があります。

現時点で、攻撃コードおよび攻撃被害は確認されていませんが、今後本脆弱性を悪用する攻撃が発生する可能性があります。

IPA(情報処理推進機構)からも、ソフトウェアのアップデートの適用(Windowsアップデート等)を行うなどの対策を検討していただくよう案内がございました。https://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20171017_WPA2.html

弊社無線LANサービスをご利用のお客様に関しましては、必要な対応について現在確認中ですので、今しばらくお待ちください。
担当より別途ご連絡させていただきます。

【参考情報】
・WPA2 における複数の脆弱性について/IPA(情報処理推進機構)
https://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20171017_WPA2.html

・WPA2の脆弱性「パッチで対応可能」 Wi-Fi標準化団体が見解/ITmedia
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1710/16/news114.html

・Wi-Fi通信に深刻な脆弱性、修正ソフトは開発済み
更新怠れば大きなリスク / 日本経済新聞WEBサイト
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22336520X11C17A0EAF000/

※今後、内容更新される可能性がございます。最新情報のご確認をお願いいたします。