IPA/世界中で感染が拡大中のランサムウェアに悪用されているMicrosoft製品の脆弱性対策について

15 5月

IPA(独立行政法人情報処理推進機構)より、 “世界中で感染が拡大中のランサムウェアに悪用されているMicrosoft製品の脆弱性対策について” 注意喚起がございました。
詳細はこちらよりご確認ください。
 
https://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20170514-ransomware.html
(IPA ホームページ)

2017年3月15日(日本時間)にMicrosoft製品に関する脆弱性の修正プログラム MS17-010が公表されましたが、IPAによると、 この脆弱性がランサムウェアの感染に悪用され国内を含め世界各国で被害が確認されており、英国では医療機関において業務に支障が出るなどの深刻な影響が発生しているとのことです。
ランサムウェアに感染するとコンピュータのファイルが暗号化され、コンピュータが使用できない被害が発生する可能性がございます。

※ランサムウェアとは、「Ransom(身代金)」と「Software(ソフトウェア)」を組み合わせた造語。
感染したパソコンに特定の制限をかけ、その制限の解除と引き換えに金銭を要求する挙動から、このような不正プログラムをランサムウェアと呼ばれている。

今回観測されているランサムウェアはWanna Cryptor と呼ばれるマルウェア (WannaCrypt, WannaCry, WannaCryptor, Wcry 等とも呼ばれる) の亜種であると考えられるとのことです。

IPAより推奨されている対策等、各詳細はこちらよりご確認ください。
 
https://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20170514-ransomware.html
(IPA ホームページ)