マルウェア感染によるインターネットバンキングの不正送金にご注意ください

11 4月

マルウェア感染によるインターネットバンキングの不正送金について
NTTComより、2017年3月23日、以下のご案内が出ております。

~以下、NTTComホームページより抜粋~
インターネットバンキングに係る
不正送金事犯に使用されているとみられるマルウェア*1が、
世界的に蔓延していることから、今般、
ドイツ警察が中心となり、関係各国が連携して、
マルウェアを利用した国際的なインターネットバンキングに係る
不正送金事犯の実行者を検挙され、
当該マルウェアに感染した端末の対策を行う
国際的な取組(オペレーションアバランチ)が実行されています。

本取組において警察庁より
総務省「官民連携による国民のマルウェア対策支援プロジェクト(略称「ACTIVE」)」
ならびに
一般社団法人ICT-ISAC*2を通じてインターネットバンキングに係る
マルウェア感染者へ注意喚起を実施するよう
一般社団法人ICT-ISACの加盟事業者を含む
インターネットサービスプロバイダ(ISP)事業者に協力要請がありました。
これを受け、OCNでもマルウェア感染者への注意喚起に協力することとなりました。

OCNでは警察庁より提供される情報をもとにマルウェアに感染したお客さまに対し、
今後、個別にメールで感染駆除についての連絡を実施してまいりますので、
マルウェア対策を行っていただきますようお願い申し上げます。
~ ~ ~

続き・詳細はこちら
 
http://www.ocn.ne.jp/info/announce/2017/03/23_1.html
(NTTComホームページ)

*1悪意のあるソフトウェア(ウイルス等)の総称で、
  コンピュータに感染し情報窃取や遠隔操作を自動的に実行するプログラムのこと

*2国内の主要なISP事業者により構成され情報セキュリティインシデントを
  収集・分析し、業界内で共有することを目的としている組織