NTT東西/INSネット ディジタル通信モードの提供終了に伴う当面の対応策(補完策)「メタルIP電話上のデータ通信」に係る検証環境の提供について

26 9月

NTT東日本、NTT西日本では、PSTN(※1)からIP網への移行について検討を進めており、
これに伴い、主に法人のお客さまがPOSシステム等のISDN対応端末で
ご利用いただいております「INSネット ディジタル通信モード」の提供は
終了する予定です。

◇提供終了予定時期:2020年(平成32年)度後半
  (現在、提供終了時期の後ろ倒しを検討しており、
    決定次第改めてご案内予定とのこと。)

NTT東日本、NTT西日本は、ISDN対応端末をご利用されているお客さまに対して、
引き続き、端末のライフサイクルに合わせたオールIP化
(IP対応機器への更改及び光回線等によるIPサービスへの移行)を
ご提案していく考えですが、並行して、
「INSネット ディジタル通信モード」の提供終了までに
端末更改が間に合わないお客さまを対象に、当面の対応策(補完策)として、
「メタルIP電話上のデータ通信」サービス(※2)を提供することについても
検討しているところです。

お客さまがご利用中のISDN対応端末について、
「メタルIP電話上のデータ通信」サービス上での動作を
ご確認いただける検証環境を構築し、
動作検証環境は、9月12日よりご利用いただける旨
NTT東日本、NTT西日本よりご案内がございました。

(※1 )PSTN(Public Switched Telephone Network):
   公衆電話回線網(加入電話及びINSネット)
(※2 ) IP網への移行後も、現在ご利用中のISDN専用端末を用いて
   データ通信を可能とするためのサービス

検証環境の提供条件等、詳細はこちら
 
NTT東日本ホームページ
  http://www.ntt-east.co.jp/info/detail/160912_01.html

NTT西日本ホームページ
  http://www.ntt-west.co.jp/info/support/oshirase20160912.html