NTT西/消費生活用製品の重大製品事故に係る消費者庁公表について

12 8月

2016年8月2日、消費者庁が公表した、消費生活用製品の重大製品事故において、
製品起因が疑われる事故として、NTT西日本が提供する製品(ルーター)が
掲載された旨、NTT西日本よりお知らせがございました。

・発生事象
  佐賀県でNTT西日本製品をご利用のお客様宅における、
  当該製品及びその周辺を焼損する火災。
  なお、本火災において人的被害は発生しておりません。

・当該製品名
  050IP電話対応ルーター「Web Caster V110」 型番「WBC V110」
  2004年に販売開始、2010年販売終了。(レンタル利用は継続中)

詳細はこちら
 
“消費生活用製品の重大製品事故に係る消費者庁公表について”
http://www.ntt-west.co.jp/info/support/oshirase20160802.html
(NTT西日本ホームページ)

また、NTT東日本においても同様の製品をお客さまに提供していることから、
NTT東日本からもお知らせが出ております。

“当社製品起因が疑われる火災の発生について”
http://www.ntt-east.co.jp/info/detail/160803_01.html
(NTT東日本ホームページ)

NTT-W_ANW3