マルウェア感染によるインターネットバンキングの不正送金にご注意を

20 4月

昨今多発しているインターネットバンキングの不正送金の多くは、
コンピュータのマルウェア(※)感染が原因となっており、
本件への対策として「ネットバンキングウイルス無力化作戦の実施について」
2015年4月10日、警視庁より発表されました。

※悪意のあるソフトウェア(ウイルス等)の総称。
  コンピュータに感染し情報窃取や遠隔操作を自動的に実行するプログラムのこと。

その作戦に協力するOCNより、注意喚起と対応のお願いがございました。
下記URLをご確認ください。
 
マルウェア感染によるインターネットバンキングの不正送金にご注意ください
http://www.ocn.ne.jp/info/announce/2015/04/10_1.html