ドコモ/国内最速となる受信時最大225Mbps「LTE-Advanced」を提供開始予定

2 3月

NTTドコモは、LTEをさらに高度化した通信方式「LTE-Advanced」を使用した通信サービスを
2015年3月27日より提供開始予定である旨お知らせがございました。

「LTE-Advanced」は、LTEのさらなる高速化・大容量化を実現する通信方式で、
ドコモは、「LTE-Advanced」の主要技術の1つである
「キャリアアグリゲーション」により、サービス開始時に国内最速(*1)となる
受信時最大225Mbps(*2)の通信サービスを提供し、
2015年度内には300Mbpsまで高速化が進められる予定です。

  *1:2015年2月25日現在、日本国内における携帯電話事業者において。NTTドコモ調べ。
  *2:通信速度は技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではありません。
    ベストエフォート方式による提供となり、
    実際の通信速度は、通信環境やネットワークの混雑状況に応じて変化します。
    送信は対象外です。
  ※送信時最大50Mbps

また、より多くの人が同時に高速通信できる環境の実現に向けて、
通信容量の拡大を実現する新技術「高度化C-RAN」を導入し、
通信トラフィックが集中するエリアにおいても、安定した高速通信を提供予定とのこと。

対応予定エリア
  全国22都道府県の都市部から開始し、
  2015年度には、全国主要都市へと順次拡大

対応機種
  サービス開始当初は2機種(モバイルWi-Fiルーター)が対応し、
  2015年度早期に「LTE-Advanced」対応のスマートフォンを発売するなど、順次拡大予定

なお、ドコモでは、「LTE-Advanced」を使用した通信サービスは
「PREMIUM 4G」(プレミアム4G)として展開されます。

詳細はこちら
 
https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2015/02/25_00.html#notice0103
(NTTドコモ ホームページ)