バッファロー/ルーター等PC機器の更新ファイルダウンロードサイトにウイルス混入

4 6月

パソコン周辺機器メーカー、バッファローは、無線LANルーター等
自社製品の更新ファイルをダウンロードするサイト内の一部ファイルが、
何者かにより改ざんされ、ウイルスが混入し、
そのファイルがお客様にダウンロードされている事が判明したと発表しました。

感染した後に、オンラインバンキングへアクセスしてしまうと、
ログイン情報、IDやパスワードが不正に取得され、
最悪のケースでは不正送金される可能性があるとのことです。

■被害の可能性のあるお客様
下記1~3の条件全てがあてはまるお客様
1. 5月27日の午前6:16~午後1:00までの間に対象のファイルをダウンロードされた方
(対象のファイルは856回、ダウンロードされているとのこと)
2. ダウンロードされたファイルを解凍し、かつ実行された方
(不正なファイルは解凍時に中国語が表示される)
3. オンラインバンキングをお使いの方
(ワンタイムパスワードをお使いの方を除く)

対処法、対象ファイル名等 詳細はこちら

http://buffalo.jp/support_s/20140602.html
(バッファロー ホームページ)

msn 産経ニュース記事
「バッファロー製ルーター、更新作業でウイルス感染の恐れ」
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140603/crm14060312530003-n1.htm